型崩れしないハットの洗い方講座

帽子は家庭で洗濯することが難しいものの一つです。
特に、型崩れしやすいハットは、洗濯機に入れてスイッチを押せばよいというわけにはいきません。
できることなら、ハットはクリーニング店に持って行って、プロに洗濯をお願いしたほうが安全です。
クリーニング店では、万が一帽子が型崩れしてしまったときにも、保証をしてくれるので安心です。
家庭で帽子の洗い方は、絶対に洗濯機を使用しないのがポイントです。
柔らかいブラシで、埃や汚れをブラッシングするだけにしておくのが良いのですが、シミができてしまったり、汗をかいてしまったときには、水洗いが必要になります。
洗面器にぬるま湯を張って、洗濯用のブラシで優しくこすっていきます。
使い古しの歯ブラシなどを利用して、クリーニングを行うのもよいアイデアです。
決して力を入れ過ぎないようにして、少しずつ洗うように心がけるとよいでしょう。
洗い終わったら、水を切って、日陰で乾燥させます。

長持ちさせるハットの洗い方

ハットを長く使えるように汚れは落としておきたいものです。
そこで洗ってしまえばいいと単純でもありません。
ハットには洗えるものと、型崩れや伸びたり縮んだりして洗えないものがあります。
まずは内側のタグを確認してみて下さい。
洗えるものであれば、その洗い方も重要です。
帽子のすべり・ビン革(帽子の内側の額につくテープ)帯は女性であればファンデーションが付くこともあるので、ブラシか布で叩くように汚れを取ってください。
洗えないものもこの方法ですべりの汚れを取っておくだけでも、翌年気持ちよく使うことができます。
布製の帽子であれば、ほこりを良く払った後に薄く中性洗剤かシャンプーなどを湯に溶かし、振り洗い・叩き洗いをすると型崩れをすることが少なく、かつ布地も清潔になります。
ベースボールキャップのような物は、丸洗いせずに肌や髪に触れる部分だけを薄めに湯で溶いた洗剤を染ませた布で擦り、汚れが落ちたらお湯を絞ったタオルなどで良く拭いてください。
麦わら帽子などは縫い目にブラシをかけてから、やはり布に染ませた洗剤で皮脂などが染み込んでいる部分を拭き、別のタオルで洗剤が残らないように拭き取ります。

recommend

2018/7/13 更新

COPYRIGHT(C)Magical HatALL RIGHT RESERVED