おしゃれに欠かせないハットも生地が大切

おしゃれな人は服装だけでなく小物にもこだわりがあり、ハットもそのひとつです。
防寒のためだけでなくおしゃれとしてもとても大切なツールなのです。
種類もたくさんあり、キャップにはじまり麦わら帽子、カンカン帽、ベレー帽、キャスケットなどさまざまです。
昔から世界中でハットは愛され重要視されており、例えばヨーロッパではマリーアントワネットなどの貴族が服とともに帽子も愛用し、日本では平安時代に成人男性として鳥帽子を被りました。
このように昔からあるハットを今でもおしゃれとしてどんどん取り入れ、日本のファッション界はレベルが上がってきています。
このように帽子は年中使えるので季節感を出すことが大切です。
そのためには生地をこだわる必要があります。
春は薄くて明るめの色のもの、夏は紫外線を防ぐ黒色か涼しげな麦わら帽子の素材、秋から冬は色味の深いシックなツイードやファーを使ったもの、そしてニット素材とそれぞれ楽しめるのです。

ハットの生地にも一工夫?

オシャレファッションの必須アイテムともいえるハットですが、デザインはイマドキのものからシックで高級感のあるものまで様々です。
また、お出かけする場所によってもかぶるものを変えます。
しかし、ハットがこだわっているのはデザインや機能性だけではないのです。
最大のこだわりは生地にあるといっても過言ではありません。
春夏はあたたかい季節ですので、汗を吸いやすい綿・麻など、秋冬は寒さに耐えられるような保温性があるツイード・ウールなどが使用されています。
このように季節に応じて生地が使い分けられているのです。
他にもフエルトが使われることが多いです。
フアーフエルトやウールフエルトはその中でも代表的なものと言えます。
フエルトには肌触りが柔らかいソフトとしっかりしたハードの2種類があり、好みで使い分けることもできます。
生地にも細やかなこだわりがされているので、お出かけの際はその日の天気などにも気を付けてハットを選んでみてはどうでしょうか。

"

Valuable information

戸田市のペット火葬
http://www.nansaikaikan.com/

Last update:2016/11/17

COPYRIGHT(C)Magical HatALL RIGHT RESERVED